WordPress活用ガイド

【初心者必見】wordpressのテンプレートのカスタマイズの注意点- 無料のテンプレートキング

wordpressのテンプレートをインストールする場合には、wordpressにログインした状態でインストールする方法を試してみましょう。
メニューから外観、テーマという手順で選択します。
現在インストールされているテーマ(テンプレート)の一覧が表示されるはずです。
新規追加をタップすると、公式テーマの最新であったり、おすすめなどのテーマが表示されます。

どのようなテーマが欲しいのかを項目設定して検索してみましょう。
気になる画像をタップ、プレビュー表示がされるので、メニューからインストールをタップします。

テーマのダウンロードが開始され、完了のメッセージ表示を確認してから有効化をタップするだけでテーマ(テンプレート)が設定できます。
ちなみに、中級編としてはカスタマイズを試みることも可能です。

wordpressのメニューにある外観、カスタマイズの手順でタップすると、レイアウトのカスタマイズができます。
デフォルトのデザイン変更であったり、非表示にしたい箇所がある場合などではテンプレートのカスタマイズが有効です。
なお、wordpressをカスタマイズする上での注意点も確認しておきましょう。

テーマによってはバージョンアップされる場合もあります。そのままバージョンアップしてしまうと上書きとなるので、追加した機能やデザインデータも消えてしまう問題も発生します。
骨折り損にならないように、子テーマを使ったカスタマイズを意識しましょう。

また、カスタマイズする前にはバックアップを取っておきましょう。管理画面にログインできない、そうしたエラーが発生する可能性もあります。
このエラーはfunctions.phpの変更時に起こりやすいので注意しましょう。

-WordPress活用ガイド