WordPress活用ガイド

WordPressのテンプレートが分かりやすそうで分かりにくい件- テンプレートキング

WordPressで何件か工学系専門知識を掲載する記事を書かせてもらいました。一様にして思ったのは、やっぱり分かりにくいと言う事でした。何が分かりにくいかと言うと書き手である受注者の筆者と読み手である発注者との間の思い違いや修正が分かりにくく、それをWordPressのテンプレートで指示通りに埋めるのは容易なことではなかったためです。

何でそうなってしまうのか?考えてみました。WordPressそのものが、デフォルトでテンプレートを持っていて、そこに指示された通りテーマを記入して、その関連のテーマ内容を記載していくことまでは、恐らく誰でも可能で、発注側と受注側で双方の思い違いはあまり発生しません。それでは何が問題なのかと言えば、その問題はWordPressのテンプレートの癖だと私は思っています。

メインの段落毎やサブタイトルの段落毎にテンプレートはあって使い易い気がしますが、意外と発注側と受注側の意思は共通せず、最終的は殆どの場合、受注側が妥協して発注側に合わせ込みます。そうすると段々本来伝えたかったこととは違う方向に進んでいき、もう何でもイイから完了させようと言う流れになると思われます。また図や表の示し方でも双方の意思相違を共通にさせることも難しいです。

これらは元々のテンプレートがあまり技術論文向きではなく、どちらかと言うと決まり切ったパターンの大衆向け記事がメインのサイト作成CMSだからだと感じています。なので、WordPressデフォルトのテンプレートに拘らず、新規に技術論文タイプで大衆にも分かる様なテンプレートを作成してみるのも今後やってみたい案件の1つとなっています。

-WordPress活用ガイド