WordPress活用ガイド

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」が、Oktaとのシステム連携

株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役:芹澤 雅人)が運営するクラウド人事労務ソフト「SmartHR(スマートエイチアール)」は、Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)が運営する7,300以上の事前連携アプリケーションテンプレート群「Okta Integration Network」(以下、「OIN」)とSCIM(※1)によるシステム連携を開始しました。これにより、国内で開発・運用しているクラウド人事労務ソフトとしては初めて、「OIN」とSCIM連携した人事情報に基づくアプリケーションのアカウント管理自動化を実現しました。
※1:System for Cross-domain Identity Managementの略称で、複数のクラウドサービスやシステム間でアイデンティティ情報のやり取りを自動化するための標準規格

[画像1: https://prtimes.jp/i/15987/168/resize/d15987-168-d0a386dbc809bde0d29c-0.png ]

■ 連携によって実現すること
この度のSCIM連携により、「SmartHR」の導入企業は「SmartHR」に登録している人事情報に基づいて、Oktaのアイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」で管理しているアプリケーションのアクセス権の作成、更新、停止などのアカウント管理を自動化できます。具体的には、従業員の人事情報に基づいて、業務で使用するアプリケーションのアクセス権を自動的に割り当てたり、従業員が退職した情報をもとにアクセス権を自動で停止することが可能です。手作業によるアカウント管理が不要となり、システム管理者の負荷を大幅に減らすほか、アクセス権の更新漏れによる情報漏洩のセキュリティリスクも低減します。

https://www.excite.co.jp/news/article/Prtimes_2022-03-06-15987-168/

-WordPress活用ガイド