WordPress活用ガイド

Apple、Google、Microsoft、MozillaがWeb改善

 WebブラウザメーカーでもあるApple、Google、Microsoft、Mozillaは、ソフトウェアコンサルタント企業BocoupおよびIgaliaとともに、「Interop 2022」を発表した。多様なプラットフォームでより一貫したWebデザインを提供するための取り組みだ。

 Interop 2022は、同名のベンチマークで複数のWeb標準が各ブラウザでどのように実装されているかを評価し、Web開発者やユーザーのネットでの不便さを解消することを目指す。

 Google、Microsoft、Mozillaは2021年、同様の「Compat 2021」というベンチマークを立ち上げた。こちらにはAppleは参加していなかった。このベンチマークは5つのWeb標準の実装を評価するものだった。Interop 2022はこの5項目に加え、15の仕様と、現在調査中の3つの機能についてテストする。テストダッシュボードは公開されている。

 テスト項目には、カスケードレイヤー、CSSカラー関数、ビューポートユニット、スクロール、サブグリッドなどが含まれる。それぞれのテスト内容については公式ブログを参照のこと。

 現在の4社のWebブラウザ(Safari、Chrome、Edge、Firefox)の安定版のスコアは以下の通り。ChromeとEdgeは同じChromiumベースなので結果は同じで、Safariは50と最も低い。

interop 1
Interop 2022のベンチマーク結果
 例えばカスケードレイヤーはFirefoxは93%と優秀だが、ダイアログエレメントはChromeとEdgeが94%のところ、Firefoxは12%、Safariは10%だ。

interop 2
 Appleエバンジェリストのジェン・シモンズ氏はWebKitの公式ブログで「これらのテクノロジーはすべて、AppleとWebKitに取り組むすべての人にとって重要だ。われわれは、Webの健全性およびWeb標準の相互運用性の実装に深い関心を持っている。Webを可能な限り相互運用可能にするために、多くのWeb標準化団体やInterop 2022の仲間と協力できることを歓迎する。それがWebをユーザーにとって最適に機能させる方法だからだ」と語った。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2203/06/news039.html

-WordPress活用ガイド