WordPress活用ガイド

ITPが広告運用やWebサイト運営に与える影響を分かりやすく解説 - 無料のテンプレートキング

前回の記事では、Cookieの機能やITPについて解説しました。しかし、それらが実際に日々行っているマーケティング活動において、何がどこまで影響しているのかがわからず、気になっている方も多いと思います。

今回の後編記事では、Webマーケティングに携わる皆さまにとって身近なWebサイト運営や広告運用におけるCookie規制、ITPの影響について、具体的に解説します。

ITPとは?Cookie規制?要点を絞って分かりやすく解説!

https://manamina.valuesccg.com/articles/1700
個人情報保護の動きが高まる中、「ITP対応」「Cookie廃止」といった言葉を耳にすることも増えてきました。今回は、そもそもCookieとは何か、ITPとは何かについて、要点を絞り、事例を交えつつわかりやすく解説します。

Googleアナリティクス(アクセス解析)における影響
Webサイトを運営されている方にとってかかせないのがアクセス解析ツール。今回は、代表的なアクセス解析ツールであるGoogleアナリティクス(GA)へのITPの影響について紹介します。

前提として、GoogleアナリティクスはクライアントID(ユーザー固有のID)によってユーザーを判別しています。このクライアントIDは、ファーストパーティCookieに保存されます。ユーザーがサイト訪問した際にファーストパーティCookieに保存されているクライアントIDを保有しているか、そのIDが合致するかどうかにより、同一ユーザーか否かの判定ができるようになります。

なお、サイトへの再訪問時にGA上で「別ユーザー」とカウントされる(クライアントIDが異なる)パターンは大きく以下の3つです。

①Cookieが削除されている
②過去訪問時とブラウザが異なる
③デバイスが異なる

ここでの①のケースがITPの影響により増加していることになります。

通常はファーストパーティCookieは2年間有効ですが、iOS上で動作するブラウザの場合、ITPによってファーストパーティCookieが一定期間(最長7日間)で削除されます。そのため、Googleアナリティクスの計測において、主に下記のような指標がITPの影響を受けます。

・(ユニークユーザー数の増加による)新規ユーザー、リピーターの分類への影響(新規ユーザー比率の増加)
・セッション間隔の計測への影響

新規・リピート率への影響(新規ユーザー比率の増加)
現在のバージョンのITPでは、ファーストパーティCookieの保持期間は最長1週間となり、クライアントIDも最長で1週間しか保持されません。そのため、あるユーザーが同じサイトに8日以上の間隔を空けて訪れた場合、本来であれば、リピーターとして分類したいところですが、新規ユーザーとして計測されてしまいます。

そのため、ITP対象ブラウザの場合は実態よりもユニークユーザー数が増加しているように見え、新規ユーザー比率が高くなっている可能性があります。

本来、ブラウザごとに新規ユーザー比率が大きく乖離することはないはずですが、下記の図のようにブラウザにより新規・リピート比率が異なる(iOSでの新規比率が高い)ようであればITPの影響を受けているでしょう。

ITPによる新規・リピート比率への影響
ITPによる新規・リピート比率の影響イメージ

サイト全体における新規・リピート率への影響は、iOS利用ユーザーの比率や、サイト訪問頻度など、サイトによって影響の大きさは異なります。

ご自身の運営されているサイトへの影響の度合いをGoogleアナリティクスで事前に把握しておくことをおすすめします。また、iOSの新規ユーザー比率などのデータをみるときには、実態と異なっている可能性があることを理解しておきましょう。

セッション間隔への影響
ITPでは8日以上の間隔を空けた再来訪の場合は、新規ユーザーのアクセスとして計測されます。そのため、セッション間隔が8日以上の割合は実際よりも低く見えており、その分セッション間隔0日の割合が高く計測されている可能性があります。

ITPによるセッション間隔への影響
ITPによるセッション間隔への影響イメージ

この影響は、iOS利用ユーザーの比率が高いサイトや、再訪問の間隔が長いサイトで特に大きな影響が生じていると思われます。こちらも同様に、ご自身の運営されているサイトにおいて、影響の大きさを確認してみると良いでしょう。

https://manamina.valuesccg.com/articles/1726

-WordPress活用ガイド