出会い系の情報

出会い系でアナルセックスした話。こっちの穴も気持ちいいね。

この記事では、出会い系をでアナルセックスした男性10人のリアルな話をまとめています。

【2022年最新】出会い系サイトおすすめランキングTOP3
※すべて無料で会員登録できます

1位:ハッピーメール(公式⇒ https://happymail.co.jp

2位:PCMAX(公式⇒ https://pcmax.jp

3位:ワクワクメール(公式⇒ https://550909.com

サイトで知り合った敏感なアナルを持つ女性とセックス

私は20代になってすぐに、友人の紹介で出会い系サイトを利用し始めました。私は今までにアナルセックスを経験したことはありませんでしたが、アナルセックスをしているAVを見たり、アナルセックスをしたことのある友人の話を聞いて、アナルセックスにとても興味がありました。そのため、出会い系サイトでアナルセックスのできる女性を探していました。

出会い系サイトで私と同い年の1人の女性と知り合うことができました。その女性はアナルセックスがとても大好きで、アナルセックスをしてくれる男性を探していたとのことでした。
その女性と実際に会ってみると、とても清楚で可愛らしい女性で、アナルセックスが大好きな感じには見えませんでした。私たちはすぐにラブホテルに行って、セックスすることにしました。女性はとても積極的で、ラブホテルに入ってすぐに私を全裸にして、ベッドに連れていってくれました。

すぐにお互いの性器を舐め合って、ある程度濡れたところでマンコに挿入しました。マンコに挿入してからしばらくすると、女性が私のアソコをアナルに挿入しました。とても締まりのあるアナルで、初めての感覚でした。私が腰を動かすと女性は今までよりも大きな声で喘いでいました。私がアナルで射精すると同時に、女性も体をびくびくさせていきました。
その後も、その女性とは時間の許す限りアナルセックスを楽しみ、女性は2時間で5回もいきました。敏感なアナルを持つ女性と楽しいセックスを体験できて満足でした。

僕と理恵ちゃんとの初めての行為が最高だった件

中学生のころからアナルセックスに興味があった僕は、今まで付き合ってきた彼女にアナルセックスをお願いしてきたのですが、一度もOKをもらったことはありませんでした。

アナル専門の風俗で体験するという手もあったのですが、「彼女とのアナルセックス」というシチュエーションにたまらない魅力を感じていたため、風俗でのアナル体験は何か違うと思い、出会い系を利用することにしました。

とある出会い系サイトで知り合った理恵ちゃんと会い、彼女に色々な話を聞くと何でも彼女は同人雑誌を描いているらしく、色々なセックスを体験してみたいとのこと。

渡りに船と思った僕は、「ねえ、理恵ちゃんはアナルセックスに興味はある?」と尋ねると、理恵ちゃんは「一度してみたいとは思って前に付き合っていた彼氏にお願いしたら、汚いから嫌だと断られた」と言いました。

僕は「だったら、僕と一度してみようよ」というと、彼女はうんと頷き、彼女のアパートへ行きました。

彼女のベッドの上でキスしながら、「僕もアナルは初めてだからじっくり楽しみたいんだ。だから、先に一発抜いとくね」といい、ゴムをつけて彼女のヴァギナで1度目は終了しました。

キスと挿入だけの前振り後、本番のアナルセックスの準備のため2人で浴室へ行き、入念に身体を洗ってアナルセックスにトライしてみました。

僕がゴムをつけようとすると、理恵ちゃんは「せっかくだからつけずにしてみない?」と言いました。彼女も中々変態です。

彼女に四つん這いの姿勢をとってもらい、理恵ちゃんのアナルに僕のペニスをあてがって挿入しようとしましたが、入口が硬くてペニスは上滑りを繰り返します。

僕は理恵ちゃんに「もっとお尻を突き出して、お尻の力を抜いてよ」とお願いすると、理恵ちゃんはお尻をモウッと突き出してくれましたが、それでもペニスが上手く入ってくれません。

ローションなどの準備もなかった僕に理恵ちゃんは「石鹸を使ってみたらすんなり入るかも」と教えてくれました。

ペニスとアナルに石鹸を塗り再度挿入を試してみると、今度はするりとアナルにペニスが吸い込まれます。

アナルの感想はというと、ペニスの根本をアナルが締め付け、ヴァギナとは逆にペニスの先っぽには締め付け感はありませんでした。

ただアナルという不浄の部分を犯しているという背徳感は僕を興奮させ、思わず激しく腰を振ってしまいました。

さすがに理恵ちゃんも初めてのアナルだったためか非常に痛がり、「もっと優しくお願い」と言ってきたので、彼女の耳を甘噛みし、右手で彼女のクリトリスを愛撫してあげました。

ゆっくりとリズムよく腰を振ると、理恵ちゃんもお尻の穴を犯されている背徳感ゆえか、だんだんと感じ始め、「もうそろそろいきそう」と言ったので、僕も彼女のアナルに射精しました。

ペニスを抜くと彼女のアナルから僕のザーメンがあふれてきました。それを丁寧に洗いながら僕は「どうだった」と聞くと、理恵ちゃんは「はじめ痛かったけど、途中から気持ちよくなってきた」といい、「またしようね」と微笑んでくれました。

僕と彼女は今もアナルセックスを楽しんでいます。

誰のためにアナルセックスをしているの?ファンのため?それとも

友達、「まだ出会い系サイトを使っているの?マッチングアプリのほうが良くない?」
出会い系サイトとマッチングアプリには向き不向きがあり、熟女と知り合うには、ローテクの出会い系サイトが有益。
パパ活の主流は若い子、若い子はハイテクに対応出来るが、熟女はローテクさえ使いこなせない。
私が某出会い系サイトで知り合ったのが現在40代半ばになるA子(仮名)、知り合った当時の彼女は30代後半だった、一度知り合うと長い付き合いになるのが熟女の特性でもある。

A子と私は同年代、そのため二人で買い物をしていると夫婦と間違われる。
本物の夫婦と違うのは、買い物をしている時のA子はノーパン、スカートの中は何も履いていない。
A子、「アソコが寒い」
冬にノーパンだとアソコが冷えるらしいのだが、パンティを履くとアソコが蒸れて臭くなる。
試着室にて
A子、「どう?」
私、「良いじゃない」
A子が買ったのは某高校の制服。
店員さん、「お嬢様は何年生ですか?」
私、「3年です」

3年と答えたのは、A子とアナルセックスをするようになって3年が経つから。
年数を覚えているのは、私の記憶力が良いからではない、A子とのハメ撮り動画を投稿するサイトには、投稿した日付が残るから。
当初の私達はノーマルなエッチしかしていなかったのだが、サイトのアクセスを増やすには「変わったことをしたほうが良い」とアドバイスをされ、それからは屋外でエッチをしたり、A子に制服を着せたり、アナルセックスをしたりしている。

アクセス数が最も高いのがアナルセックス、A子にはファンが付いている、そのファンから「3Pをしませんか?」と誘われているが、A子の旦那さんの許可が降りない。
私達の関係はA子の旦那さん公認、そもそも、A子に出会い系サイトを勧めたのは旦那さん、私とA子に「変わったことをしたほうが良い」とアドバイスをしたのもA子の旦那さん。

常に刺激を求める熟女との肛門バトル

出会い系サイトで複数の女性とワンナイやセフレを作って楽しむサラリーマンです。
自分の好みは熟女、人妻。
この辺りの女性になるとレスが理由で出会い系を理由する女性が多いです。

以前45歳の専業主婦と出会いました。
彼女の夫は出張ばかりで、ほとんど相手にされない毎日から割り切り目的で出会い系を利用した女性。
一緒に飲みに行き、彼女をホテルに誘うとあっさりついてきました。
この辺りは20代の若い子ではなかなか難しいところもありますが、40も過ぎて、おまけにレスといった熟女なら簡単です。

そしてホテルでは激しいセックスを彼女は展開。
しかも満たされない性欲に更なる刺激を求めていることが判ります。
すると彼女の方から『お願い、アナルにちょうだい…』と恥ずかしそうに言ってきました。
自分は彼女のアナル筋を緩めてあげた後、サオを挿入。
入り口はかなり狭いと想像していましたが、意外にゆるゆる。
彼女へ聞くと、時々オナニーしながらアナルにバイブを入れているとのことです。
アナルは第二の性器。
熟女とワンナイやセフレを作りたいなら、刺激的なアナルセックスをしてあげるとメロメロになります。
因みにこの女性は、その後もラインで何度も連絡がはいり、今ではアナルセックスのセフレとなっています。

アプリで知り合ったペットのお陰で借金を完済

友達が家に来た。
友達、「早くお金を返せよ」
私、「もう1日待って」
友達、「昨日も、もう1日待ってと言ったじゃない」
私、「明日には返すから」
友達、「それも昨日聞いた、お金を返す当てはないんだろ?」
私、「ごめん・・・」
友達、「何か金目(かねめ)のものはないの?」
私、「金目のモノは全部売っちゃって何もない」
友達、「これは?」
私、「売れないよ」
友達、「これで良いよ」
私、「これで良いの?」
友達、「仕方がないだろ、他に金目のモノがなければ」
助かった、これで1ヶ月はお金の催促をされずに済む。
友達、「じゃあ、連れてくよ」
私、「うん」
すると、「私はイヤよ」
そう言ったのは、私がペットとして飼っている女。
その女と知り合ったのは、無料で利用できる出会い系サイト。
私と知り合った時の女は彼氏からDVにあっており、住むところがなく困っていた。
女、「泊めてくれない?」
女にそう言われたら、男としては断れないでしょ。
私、「泊めてあげても良いけど・・・」
女には条件を飲んでもらった。
女を泊めてあげた初日の夜
女、「痛い!」
女が痛がるのは、私が女のアナルにペニスを無理やり挿入したから。
女、「痛い!」
私、「・・・」
女、「ローションを塗ってよ」
そう言われてもローションなんて持ってない、ローションの代わりに女のアナルにボディソープを塗ってあげたら、ペニスはすんなり挿入出来た。
痛がってた割に、アナルセックスでの彼女は腰を振ってくれる、おそらくDV彼氏に調教されたのだろう。
友達、「部屋を使って良い?」
私、「良いけど、来月の支払いを猶予して」
友達、「仕方ないな」
ペットのお陰で、友達の借金が無くなった。

顔射など何でもさせてくれたのは有名なビッチ女

会社へ行くと、上司から辞令書を渡された。
サラリーマンにとって転勤は避けられない、しかし、辞令書に書いてある〇〇支店って、どこだよ!?
スマホで〇〇支店について調べると、聞いたことのない地名。

左遷された私はメッチャショック、会社を辞めることも考えたが、辞める前に今まで我慢してきたことをやってみよう。
今まで我慢してきたことの1つが出会い系サイト。
転勤先はメッチャ田舎、しかし、田舎でも出会い系サイトは使えた、女性からの返信もあった。
女性、「待ち合わせ場所はどこにする?」
私、「転勤して来たばかりだから、地理が分からないんだ」
女性、「だったら私の家の最寄り駅でも良い?」
私、「別に構わないよ」

その最寄り駅についてSNSで調べると、有名なビッチ女がいることが分かった。
ビッチとされる女は各所にいる、しかし、ガセなことが多い。
有名なビッチについて調べてみると画像が見付かった、格好はビッチ丸出しなのだが、顔は幼く見える。
出会い系サイトでは、待ち合わせをしてもドタキャンされることが珍しくないと聞いていたのだが、待ち合わせ場所で待っていると、「〇〇さん?」と声を掛けられた。
私、「・・・」

返事に戸惑ったのは、待ち合わせ場所に現れたのは、SNSで見付けたビッチ女だったから。
SNSでのビッチ女の名前と、出会い系サイトに登録している名前は異なるのだが、偽名を使うのは珍しくない。
待ち合わせ場所に現れた女、「この場所から離れません?」
女は知り合いに見られることを警戒しているのだが、通り過ぎる人は女のことを見ている、どうやら、女がビッチで有名なことは間違いないようだ。
引っ越したばかりで地理に疎い私は女に付いて行くと
女、「ここで良いよね?」
私、「・・・」

またしても返事に困ってしまったのは、ラブホテルだったから。
女が良いと言っているのだから、男の私が拒むのはオカシイ。
部屋に入ると、女は自らシャワーを浴びに行った、浴室から出た女はベッドでタバコを吸った。
次に女がするのは、「シャワーを浴びないの?」と私に聞くこと。

自らシャワーを浴びるのも、ベッドでタバコを吸うのも、私に「シャワーを浴びないの?」と聞くのも、SNSに出ていること。
SNSには、何でもさせてくれる便利な女とも書いてある。
本当かな、本当に何でもさせてくれるのかな?
試しに女のアナルに指を触れると、女は拒まない、アナルに指を挿入しても、女は拒まない。
だったらと思い、ペニスを挿入すると、
女、「痛い」
とは言うものの、アナルセックスを拒まなかった。
バックの体位でアナルセックスをしている時に、スマホで撮影をしても女は拒まない、最後は顔射もさせてくれた、SNSに出ていたのは本当だった。

休憩3000円の格安ラブホテルでアナルセックスをする

出会い系サイトで知り合った女は、昼にならないと返信をして来ない、なぜなら、メンヘラだから。
女、「返信が遅れてゴメン」
私、「何時に寝たの?」
女、「覚えてない」
私、「体調は?」
女、「最悪」
私、「御飯は食べている?」
女、「食欲ない」
私、「便は出てる?」
私、「全く出てない」
食欲が無いのはウンコが出てないから、ウンコが出なければ体調が悪くなるのは当たり前のこと、しかし、メンヘラだと、この当たり前の理屈が理解出来ない。

メンヘラ女とは週に2度会っている、会うことを望んでいるのは彼女、私に会えばお金を貰えるからだ。
メンヘラだと仕事をするのが困難、お金と言っても、1回に渡すのは3000円、たった3000円でも働けない彼女にとっては大切な収入源。
メンヘラ女と行くのは休憩3000円の格安ラブホテル、以前は料金の高い部屋を使っていたのだが、ホテルのスタッフさんに「汚されて困る」と言われたため、利用するのは最も安い部屋。

ホテルのスタッフさんが言う「汚されて困る」とは、メンヘラ女がベッドでクソを漏らすこと。
メンヘラ女は3000円で2つの穴を使わせてくれる、もう2000円支払うとNS(ノースキン)で中出しさせてくれる。
ケツの穴にペニスを入れると、オチンチンにメンヘラ女の糞が付くのだが、メンヘラ女はフェラ◯オでキレイにしてくれる。
以前まではお掃除フェラにお金を出していたのだが、この頃はサービスでしてくれる、メンヘラ女は結構良い子。
メンヘラ女にアナルセックスを調教したのは私、「アナルセックスをすれば快便になるよ」と言ったら、メンヘラ女は真に受けた(笑)。
冗談のつもりで言ったのだが、アナルセックスをするようになってからの彼女は快便が続いているらしく、精神状態も安定している。

清楚な彼女はアナル愛好家、しかし、バージン。

会社の社員食堂で
後輩、「先輩、これどう思います?」
私、「どうって何が?」
後輩、「この女、趣味がアナルセックスなんですよ」
後輩に見せられたのは某出会い系サイトのプロフィール。
私、「会ってみれば良いじゃない」
後輩、「アナルセックスをする女って怖くないですか?」
私、「何が怖いの?」
後輩、「普通はアナルセックスなんてしませんよ」

後輩に限らず会社の同僚にはアナルセックスに偏見を抱いている者が多い、半年前の私もそうだった。
現在、アナルセックスに偏見を抱いてないのは、出会い系サイトで知り合った女がアナルセックス愛好家だから。
アナルセックス愛好家と聞くと、エッチ経験が豊富に思われるが、彼女はオマ◯コでのSEXは未経験、つまり、バージン。
彼女は親の躾が厳しく、結婚をするまではバージンでいなくてはならない。
親の躾が厳しい彼女は、いつも清楚な格好をして来る。

彼女、「お待たせしてスイマセン」
清楚な彼女をラブホテルに連れてはいけないため、私達が向かうのは1泊すると最低3万円は掛かるシティホテル。
私、「カーテンは閉めたほうが良い?」
彼女、「どちらでも良いです」
清楚な彼女だが、人に覗かれると興奮する露出癖がある。
清楚な彼女は、普段どんなものを食べているのだろう?使用人が作る旨いモノでも食っているんだろうな。
しかし、清楚な彼女は私のペニスを、躊躇いなく根本まで咥える。
私、「美味しい?」
彼女、「・・・」
彼女が返事をしないのは、夢中にフェラ◯オをしているから。
フェラチオされながら彼女のアソコを触ろうとすると、彼女は拒む。

彼女が拒むのはオマ◯コ、清楚な彼女はオ◯ンコを触らせてもくれない、仕方がないため私はアナルを触る。
清楚な彼女でも、アナルはウンコ臭い。
アナルにペニスを挿入するとメッチャウンコ臭くなるが、清楚な彼女は、どんなにウンコ臭いと思っても表情には出さない。
ウンコ臭いと思った私が窓を開けると、クラクションを鳴らされた。
清楚な彼女とアナルセックスをしているのはシティホテルの駐車場、清楚な彼女は人に覗かれていると思いながらするアナルセックスでないと満足してくれない。

肛門に差し込んだ後のオチンチンどうする?自分で拭く?

学校へ行くのに車で友達を迎えに行くと
友達、「クッサ!!」
私、「匂う?」
友達、「この車、メッチャ糞臭いよ」
友達がそう言うのは無理もない、友達を乗せる8時間前、車の中でアナルセックスをしていたから。

友達、「まだ出会い系サイトで知り合ったババアと付き合っているの?」
私、「付き合ってはいねえよ、ただ、遊んでいるだけ」
友達、「車でアナルセックスをしたら病気になるぞ」
友達に心配されなくても、とっくに性病は経験済み。
私、「同い年の彼女とはアナルセックスをしないの?」
友達、「アナルセックスなんて普通はしねえよ」
童貞をアナルで卒業した私にとっては、オ◯ンコよりアナルでのSEXのほうが普通なのに。
友達は車から降りた時にズボンを見た、おそらくズボンにウンコが付いてないか気になったのだろう。

授業が終わると
友達、「今日もバイト?」
私、「うん」
友達、「気を付けろよ」
私、「ありがとう」
私がしているアルバイトは、出会い系サイトで知り合ったババアとするアナルセックス、1回すると5千円くれる、アナルセックスに要する時間は30分ほどのため割の良いアルバイト。

ババアとの待ち合わせ場所は某商業施設の地下駐車場、そこで待っていると、ババアがやって来た。
ババアがノックもせず車に乗り込んで来るのは、私が通学で使っている車はババアのものだから。
私、「また、旦那さんとケンカをしたの?」
ババアは既婚者で私と年齢が近い息子さんもいるが、車に乗り込むと速攻でフ◯ラチオをしてくる。
ババアは夫婦喧嘩のハケ口を私に求める、速攻でフェラ◯オをするのもアナルセックスをするのもババアにとってはストレス発散のため。
ババアは年を取っているためフェラテクがある、フェ◯チオで私はイクことが出来るのだが、お金を頂くにはババアのケツにペニスを突っ込まなくてはならない。

車の中でアナルセックスをすると、車はメッチャ揺れサスペンションがキイキイ軋む、ババアはケツにペニスを突っ込まれヒイヒイと喘ぎ声を発する。
車は車内が広いワンボックスカーのため、アナルセックスではあっても色んな体位が試せる。
ババアの好みは、背後から激しく突かれるバック。ペニスを突く立場の私も、バックの体位はしやすく、イキやすい。
たまに冗談でオマ◯コにペニスを突っ込むと、ババアはメッチャ怒る、ババアのオ◯ンコにペニスを挿入するのは御主人だけ、ババアはなんやかんや言っても御主人のことを思っている。

アナルセックス後はペニスにウンコが付いているため、私としてはババアにフェラチオをしてもらいたいのだが、ババアは私にお金を渡すと、とっとと帰ってしまう。
一人残された私は、ウンコの付いたペニスをウェットティッシュでキレイにする、この時がもっとも辛い、こんな生活を続けて良いのかな?

相手を選ばなければSEX相手を見付けられる

スポーツ推薦で大学に進学したため、アルバイトをする時間がなくメッチャ貧乏、しかも、私はブサイク。
友達、「彼女は出来た?」
貧乏でブサイクな私に、この手の質問をして来るヤツは多いのだが別に悔しくはない、なぜなら、貧乏でブサイクな私でも出会い系サイトで知り会った者とSEXをしているから。

私がSEXをしている相手もお金に余裕はないため、エッチをするのは決まって私が借りている家賃1.5万円のボロアパート。
家賃1.5万円では風呂もシャワーも付いてない、そのため、エッチの前にアソコを洗うのは水しか出ない流し。
私、「洗った?」
SEX相手、「うん。貴方もオチンチン洗ってよ」
私、「うん」
オチンチンを冷たい水で洗うと縮こまってしまうのだが、若い私はフェラチオをしてもらうと、あっという間に勃起する。
私、「入れるよ」
SEX相手、「入れる前に窓を開けないと」
私、「寒いじゃない」

窓を開けると寒いのはSEX相手も同じ、窓を閉めたまま狭い部屋でSEXをするとメッチャウンコ臭くなる、なぜなら、私のSEX相手は既婚者で不倫相手である私にはアナルセックスしかさせないから。
私、「中に出して良い?」
SEX相手、「うん」
アナルだと中出しをしても妊娠の恐れはない、そもそも・・・。
SEX相手、「気持ち良かった?」
私、「うん」
SEX相手、「今度は僕のオチンチンを舐めて」
私が出会い系サイトで知り合ったのは30代のサラリーマン、貧乏でブサイクでも相手を選ばなければ出会い系サイトでSEX相手を見付けられる。

 

-出会い系の情報