出会い系の情報

出会い系でフェラチオしてもらった話。しゃぶらせる征服感!

この記事では、出会い系で出会った女性にフェラチオしてもらった男性たちの話をまとめています。

【2022年最新】出会い系サイトおすすめランキングTOP3
※すべて無料で会員登録できます

1位:ハッピーメール(公式⇒ https://happymail.co.jp

2位:PCMAX(公式⇒ https://pcmax.jp

3位:ワクワクメール(公式⇒ https://550909.com

出会い系で可愛すぎる子に会ったその日にフェラしてもらいました!

暇つぶしで適当に出会い系で好みの女性にDM送っていたら、一人の女性と趣味が一緒で気が合い合うことになりました。
写真がめちゃくちゃかわいかったのですが、加工もあるしな・・とあまり期待しないで行ったらめちゃくちゃかわいい!!写真よりもかわいくてびっくりしました。
そのままランチをしようということになり、彼女がずっと行きたかったというオシャレなカフェでランチをしました。やっぱりかわいい、。

そのままちょっといい雰囲気になってホテルに行くことに、。
部屋に入ってしばらく談笑して、キス。唇がやわらかくてすでに喘ぎ越えをもらす彼女。。
しかも、洋服を脱がそうとしたら彼女に拒否されました。「やっぱりやりたくない」と言われてしまい困惑していしまいました。
でも、無理やりなんて絶対にしたくなかったので、諦めて、話して終わりでもいいやと思っていたら彼女が僕の下半身を触りだし「フェラならしてもいいよ」と言ってくれて、ズボンとパンツを脱がされてフェラをしてくれました。

先端を舐めるようにして、力強くしごかれ気持ちよすぎてあっという間にイッてしまいました、。まじで気持ちよかったです。
セックスできなかったのは残念でしたが、めちゃくちゃかわいかったし、ランチしてフェラしてもらっていい一日でしたね。

ハッピーメールを利用して、フェラの上手な女子大生と出会えた。

私は20代後半になってから、セフレを作りたいと思い出会い系サイトを利用する事にしました。インターネットで調べたところ、ハッピーメールがセフレを作りやすいという口コミや評判が良かったので、ハッピーメールを利用し始めました。私はセックスの行為の中でもフェラしてもらうのがとても大好きで、プロフィールにもフェラが上手な女性を探している旨を記載しました。

ハッピーメールを利用し始めてから2ヶ月程経った頃に、ハッピーメールでメールのやり取りをしていたセックス好きの女子大生と実際に出会うことになりました。その女子大生は、まだ幼さの残る童顔でした。

その女子大生と出会ってからすぐにラブホテルに行きました。童顔の女子大生はとても積極的な女性で、ラブホテルの部屋に入るとすぐに自分で全裸になって、私の洋服も脱がしてくれました。童顔とは裏腹にセックス慣れしているような印象を受けました。お互いに全裸になるとすぐに、女性は私のアソコを手コキしてくれました。

私がフェラを求めると、嬉しそうな表情でフェラをしてくれました。とてもフェラが上手で、じらしたり激しくしたりを繰り返して、フェラしてから3分程で口内射精をしました。その後はセックスをしたり、フェラで口内射精したりを繰り返しました。結局、セックスで3回、フェラで2回、合計で5回も射精できました。今までしてもらったフェラと比べて、一番気持ち良いフェラをしてくれた女子大生と出会えたことにとても満足しています。

男の体に興味がある好奇心旺盛な相手にたっぷりと快楽を注ぎ込まれた

 まずは半年程メールだけでやり取りしていた20代前半フリーターの女性から会ってみたいと言ってもらったことがありました。彼女は恋愛にもそうですが、それよりも男性の体自体に興味があるようでした。それまでのやり取りからその事情はよく見えていました。互いにそれほど離れた場所に住んでいるわけではなかったので、結構楽な気持ちで会うことができました。

 彼女の方から積極的に誘いをかけてきて、初めて会った時にホテルに入ることになりました。こうなると彼女は積極的で、自分から男の服を脱がそうとするのです。こちらは緊張しているので、されるがままでした。彼女が私の裸をじろじろ見てくるのに緊張と快感を覚えて私の股間は大きくなります。
 彼女は合図もなしにそれに触れるとただ「いい?」とだけ聞いてきます。私はただ頷いて返しました。次の瞬間、彼女は口を大きくあけて、私の大きくなったものを口に含みます。

 初めての口内の感触は、柔らかくて暖かいものでした。違和感がすぐにも幸福感に変わっていきます。彼女は男がどうすれば気持ちよくなるのか実地で知りたく思っていて、いつか口で絶頂させるまでのことをしたいと言っていました。私でそれを実験するというのがこの行為の真意でした。
 彼女ははじめておもちゃを得て喜ぶ子供のように楽しくしゃぶって来ます。途中には「きもちい?」と聞いてきます。おちついて聞いてくるその感じが色っぽくてこちらの快感はさらに高まりました。

 結果、すごく気持ちよかったです。弄ばれたよな背徳感もまた気持ちを高ぶらせる要素になりました。私は完全に絶頂に達してしまいました。彼女は男をいかせたことで満足していました。

女子大生に駅のトイレでバキュームフェラで抜いてもらった話

知り合ったのは女子大学生のマコという子でした。
ちょっとやり取りした感じはノリの良い子で、話も弾んだのですぐに会うことに。
写真は好みのタイプの大人っぽい雰囲気のある子だったのですが、実際に会ってみると想像通りで嬉しくなりました。

ただ残念なことに思ったよりもガードは固くて、初めて会ってすぐホテルはNGだとのこと。
なんだか拍子抜けしてしまいましたが、セックスはダメだけどお小遣いをくれたらフェラ抜きならしてくれると言い出します。
それが目的かと思いつつも好みの子にフェラしてもらえるなら断る理由はなく、駅のトイレでしてもらいました。

マコは慣れているようで、しゃがみ込んで俺のを手に握るとまずは観察するように扱いてきます。
角度的に胸元がチラチラ見えていて視覚効果もあって俺はすぐに大きくなってきたのですが、マコはその竿に舌を這わせてきて先っちょの方もレロレロとした舌遣いで舐めてきました。
その舌の動きはなんとも卑猥でこれだけでも十分に気持ち良くなれて思わずため息が出てきます。
そんな俺の反応を確かめるとついにマコは一気に根本まで咥えてきました。
その威力は凄まじいもので、外に聞こえてしまうのではないかと思うくらい下品な音が出ています。
こっちも声を抑えるのに必死でしたがマコの動きはどんどん激しくなっていき、こんなにあっけなくイカされるのかと思うくらいにすぐに限界が来てしまいました。

最初に口に出す約束をしていたので、フィニッシュは口の中へ。
どんどん精子が溢れてくる感覚を味わいながらしっかりと搾り取ってもらいました。
さすがにごっくんはしてくれませんでしたが、もう大満足の内容でした。
結局フェラ専みたいな相手になってしまいましたが、その後しばらくは時々呼び出して抜いてもらう関係を続けていました。

とてもエッチな人妻に会えてラッキーな出会い系サプライズでした。

割合近くの女性と出会える事になりました。車でドライブしたいという事で駅のロータリーで待ち合わせて迎えに行きました。ちょっと派手な出で立ちの30歳前半のカオリさんは160センチ前半の髪はセミロングでスレンダーな方でした。

早速助手席に乗せると海が見える山に進みました。とても気さくな方で会話も弾み到着の頃はすっかり打ち解けてました。夕刻になって車から降りて景色を見ると海岸線の車のライトや薄暗い街並みが見えて綺麗でした。景色を見ながら抱き寄せると全く抵抗しないのでそこでキスをしました。

車に戻ると後部座席でイチャつきはじめました。ディープキスから胸は手揉みをするとCカップくらいの胸に手応えを感じました。ブラを外して直接触りだし、次第にジーンズのホックを外してパンツに手をいれるとぐちょぐちょでした。パンツの中に指を入れて出し入れし出すと大きな声をあげ出しました。

私は下半身がパンパンになり、痛くなってきたのでズボンを降ろしました。するとそれに気づいたのかカオリさんは自らパンツに手をかけると下に降ろしま、私の棒を握るとゆっくりと咥えだしてくれました。

出会って一時間たってません。カオリさんは丁寧に喉の奥まで入れながらよだれたっぷりに舐め回してくれると、私は我慢ができず、車を走らせ出すとホテルに一直線に入りました。

出会い系アプリで知り合った女の子にネカフェでフェラしてもらった話

 出会い系アプリというものはあまり使ったことがないのだが、ほとんどは真面目な恋愛などではなく性欲の捌け口として使われているそうだ。
 そこに「プチ」というものがあるらしい。フェラチオだけで少しお小遣いをあげるというもので、セックスがないため相場が比較的安い。

 以前の私はそんなものがあることすら知らなかったのだが、ある女の子が事細かに教えてくれたのだ。
 アプリを始めてから少しして知り合った女の子だった。その子はアプリでプチの相手を探しては荒稼ぎをしているらしく、薄利多売だと言われたときは思わず笑った。
 私と彼女は妙に話のテンポが合ったため、次の週の末に早速会ってみようということになった。
 週末、待ち合わせ場所にいた女性を見て驚いた。勝手に想像していた姿とは違った。段取りから何からあまりに慣れているものだから、てっきり、派手な髪色をしていて露出が多かったりメイクが濃かったりするものだと思っていた。

 一言であらわすなら、おぼこい。20代だとはわかるが、雰囲気は中学生のようだ。
 本当に話していた彼女だろうか?と疑問に思っていると、「男性は声を我慢できるでしょ?だからネカフェでいいよね、安いし」と彼女が切り出した。
 慣れている。やっぱりあの彼女だ、と私はそこで確信した。

 ネカフェは仕事で時々使っていたが、こんな使い方をしたことはなかったので、とても緊張してしまった。
 滞在時間は1時間。私は少々遅漏気味なので、足りるだろうかと不安に思ったが、杞憂に終わった。
 フェラであんなに気持ちよくなれるものなのか。私はフェラは過去の女性に何度かされたことがあるのみだが、やはり得手不得手があるんだろうか。彼女はとてつもない技の持ち主だった。

 恋愛においては、経験がなかったり、少し下手だったりするほうがそそるものだが、あそこまで上手いと流石に私も息子も喜びが勝る。
 プチというものはいいかもしれない。感謝の気持ちを込めて、多少の増額とともに定期契約を結んでもらった。次は2週間後に会えそうだ。
 しばらく、私の陰茎を頬張っている彼女の姿が頭から離れなかった。

フェラチオプレイは、自分が殿様になった気分を味わえる

即尺を経験して洗っていないのに、よくできるなと感心してしまいます。
フェラチオのコツは、舐める前に唾液をたくさん出して、おちんちんの匂いなどをカットすることです。

フェラチオが上手な人は、大きくさせることを知っていて、口だけでいかせられるので女神に思います。
自分で自分のペニスは舐めれないので、どんな味がするか聞いてみました。
味はする?というと、くわえたままうなずきます。
どんな味がする?と聞くと、口からペニスを外して海の匂いがすると言います。
若干ではあるが、おしっこの匂いもあるようです。

しょっぱい味もすれば、説明できない匂いがするようです。
口の中で射精して、ごっくんまではしませんが味見はできます。
風邪薬を飲んでいたせいか、甘い味がしてと言います。

フェラチオをされているときは、仁王立ちになり自分が王様になった気分です。
女子でもフェラチオが好きな人もいれば苦手な人もいます。
好きな人は、この男を独り占めにしてる気持ちになり相手に奉仕してるようです。

口いっぱいに含んだペニスを上から見てると、自分のものが大きいと気づきます。
女子の顔が小さいので、ペニスが大きく映るのかもしれませんが、優越感にしたってしまいます。

彼女じゃないから気を使わない生々しさのあるフェラチオ

私がその女の子と待ち合わせしたのは、とある駅でした。
好きだった女性とあまり関係が上手くいってなかった私は傷心しきっており、とりあえず誰かと一緒にいたかったんです。

私はとりあえず誰かに会いたくて、出会い系で仲良くなった女の子を夜遅くに呼び出しました。
最初は、とりあえず呼び出しただけで、カラオケとか飲み屋で過ごすかと思っていました。なので、もうお店はしまりかけで居酒屋を探すもそこに入る気力も起きずに、おつまみと酒を買って2人でフラフラ歩いていました。

フラフラしてるのも決まりが悪かったので近くの公園で2人きりで酒盛りをしていましたが、傷心していた私は暗い公園の中女性と2人きりということもあり、とりあえずいやらしい気持ちになっていきました。
仕事終わりということで、あまりいい匂いでもなかったかもしれません。しかし、相手の女の子の身体に触れ始め、だんだんと相手の熱量もあがっていきました。

相手は出会い系で出会った人で何が起きても今後気を使う必要は無かったんです。たとえ粗く扱っても、少し匂うとも、相手の女の子と近くのホテルに入り、お互いに既に求め合っていたので、私はそのまま女の子に咥えさせました。お互いに汗まみれな野性味のあるフェラチオは、相手の下手くそさも合間りとても精神的には興奮が頂点となり私は果ててしまいました。

出会い系で知り合った女の子とカラオケに行き、まさかの展開に

僕は出会い系サイトを使って一緒にご飯を食べに行く女の子を探したり、エッチしてくれる女の子を探したりしています。つい最近出会った女の子は、もともとエッチをする目的はなくて普通にカラオケに行ってからご飯を食べる健全デートをする約束でした。

しかしカラオケで二人っきりになると僕がちょっとムラムラしてしまって、座るときにわざと近くに座ったり、たまにボディタッチをしたりしました。でも女の子は全然まんざらでもない感じだったので「もしかしたらこれはいけるのでは?」と思い、太ももなどを触ってみます。女の子は「やーだーw」と笑いながら、僕の太ももを触ってきますが、そのときに勃起した股間に手が当たりました。「あ、ここ固くなってますね?」と言われて、ズボンの上からなでられます。そのまま脱がされて、カラオケの個室でフェラをされてしまいました。

ホテル以外でフェラをされたのは初めての経験で、しかも初対面の女の子に舐められているという興奮で我慢汁もダラダラ出まくりでした。女の子はかなりエロい性格をしているみたいで、「我慢汁おいしい♪」と言いながら全部舐めてくれました。そのまま激しく舐められ、その女の子の口の中で射精してしまいました。周りの人たちにバレないかどうかというスリルもあって、最高に気持ちよかったです。

出会い系で出会った人妻のフェラテクニックに骨抜きにされたお話

つい最近、出会い系サイトで出会った人妻とのエピソードです。その人妻・Aさんは旦那とのセックスレスと旦那がよく出張にいってしまって寂しいという理由で、出会い系サイトを始めたみたいです。最初からお互いセックス目的だったので、初対面からいきなりホテルに行きました。

ホテルの玄関を開けた瞬間、Aさんがいきなり僕のズボンとパンツを脱がせて、勃起した僕のアソコを口に咥えだします。「シャワー入ってないから汚いですよ!」とやめさせようとしても、僕の手をはらいのけてジュポジュポ音を立てながら激しいフェラをしてくれました。たまに上目遣いで僕の顔を見たり、金玉の方も舌でペロペロしてくれたり、まるで天国にいるかのような気持ちよさを味わえました。しばらく快感に浸っていると、「腰動かしていいよ」とAさんが言ってきました。

僕はAさんの頭を両手でホールドし、腰を動かします。ジュポジュポとAさんの口の中でいやらしい音が鳴り、たまに亀頭を吸われたりしてもう立っていられなくなるほど気持ちよくなりました。そのままベッドに移動し、横に寝っ転がりながらもまだAさんのフェラは続きます。両手で乳首をいじられながら、さらにフェラが激しくなり、僕はAさんの口の中に射精してしまいました。

-出会い系の情報