出会い系の情報

出会い系で中出ししたエピソード!生ハメで危険な快楽を堪能

この記事では、出会い系を実際に使って女性に中出しした10人のエピソードをまとめています。

【2022年最新】出会い系サイトおすすめランキングTOP3
※すべて無料で会員登録できます

1位:ハッピーメール(公式⇒ https://happymail.co.jp

2位:PCMAX(公式⇒ https://pcmax.jp

3位:ワクワクメール(公式⇒ https://550909.com

色白清楚の巨乳ちゃんとパイズリあとのまさかの中出し!

久しぶりに出会い系のアプリを使って見た。飲み屋で仲良くなった子と流れで、とか風俗も良いけどお互い目的が一致してる素人の子は良いですよね、話し早いので。

とりあえず巨乳で清楚な24歳のゆあちゃんと西川口のホテルで会うことになりました。

痩せてる方だけど健康的でグラマラスなカラダつきが服の上からでもわかりました。ニットのセーターだったので巨乳が強調されやすい!色も白くて好みだったので正直出会い系アプリでこんな子来るの?って感じでした。風俗店が関わってるアプリもあるみたいので、お店の子?って聞いちゃいましたよ笑

程よく巻いている黒髪のセミロングもとても綺麗で意外とノリもよく駅着いたらすぐに西口のホテル街へ向かいました。

「ゆうきさん(僕)が嫌じゃなきゃ早速お風呂一緒に行きましょ」

ホテルついてすぐまずは2人でシャワーでした。彼女の裸はとにかく強烈で見ただけで下半身に来ました。とくに物凄いおっぱい。大きさはF〜Gって言ってましたが見た目が自分好みできれいだったので感動でした。痩せてるんだけど腰回りからヒップの肉付きも最高!

ソープをたくさんつけ後ろから彼女の体を優しく洗います。我慢できずおっぱいを揉みほぐしながら軽く下半身を擦り付けてしまいました。
ゆあちゃんも僕の体を洗ってくれて手コキとフェラもしてもらいました。献身的ですっごく良い子!笑

風呂からでると早速プレイを開始しました。風呂場で思ってたのが石鹸まみれの巨乳でパイズリされてみたい!でした。もうベットの上ですがお願いしたらすんなりとオーケー。自分ではあまりしたことないみたいで僕が上になって自由に動かしてほしいと頼まれました。

ゆあは乳首や胸全体が弱くて胸だけでもイッてしまうくらい敏感だそうです。優しく揉みほぐすだけでもアンアン言ってます。

「舐められる方が好き?」

「いっぱい舐めて両手で掴んでて」

そう言われ、巨乳を鷲掴みにしながら中央に寄せて両方の乳首を美味しく頂くと

「凄い気持ちいい。ずっとこうされてたい」

と可愛く鳴かれたので僕の方も我慢できずすでに汁もタラタラのチンコを挟みました。

「ああっ。すっごいよ。こんなにいいパイズリ初めて。」

巨乳の子とする時はただでさえすぐ爆発してしまいそうになるのでこのおっぱいでこんなに可愛い子が、、おっぱいと顔を交互に見ているとこんな至福な時間はないなと思いました。

おっぱいに埋もれてる間乳首も忘れずにいじってあげると、イキそうと言われもどかしそうに腰が動いていました。途中ゆあの太ももにチンコを挟みパイ舐めしていると挿れてるみたいで気持ちよかったです。

一度パイズリで出してからセックスしたかったのでまたパイズリ の体制に戻します。柔らかな巨乳の中央でいつでも射精できるチンコは脈打ちます。

「もう出したい、このまま出しちゃっていいかな、あぁもう。。」

「中にだしちゃってもいいからそのまま挿れてほしいな。」

意外な発言にけっこうびっくりしちゃいました。あり難き要望を頂いたので迷わず本番に切り替えました笑

「中締まるね、おっぱい揉みながらだとヤバいかも。こんな凄いおっぱい揉んで、すっごい締まる中に挿れてたらすぐイッちゃうよ。」

「胸たくさん責めてくれてありがと。わたしも凄くいいよ。まだイかないでね。」

おっぱいから手を離し激しく揺れ動く胸を見ていると射精感が高まってもう我慢できませんでした。

「ううっ、もうでちゃう。めっちゃ我慢してたから凄いいっぱい出そう。本当に中にだしちゃうよ、あぁ、イク、イクあ〜」

「いっぱい出して。おっぱい強めに握ってて。ああっ、あっ、もうダメ。私もイッちゃう、イクああっ!」

「あ〜イッてる、まだ出てる、
あーやっぱ生だし違うね。相手がゆあだし。」

満足度が凄すぎてなかなか体離せなかったけどおっぱいにくっきり握りしめた跡ついてた笑

帰りのシャワーでゆあの巨乳にまたムラムラしちゃったのでソープまみれのパイズリやってもらいました。2回目も凄い量出て長い時間の射精でした。これっきりは寂しいので絶対また会いたいです。

インドア女性とアウトドアな自分が繰り広げる「水中」

21歳の時。某出会い系サイトで22歳の同県の方と知り合いました。お相手の方はカフェなどが好きという事で、カフェ初体験の自分が調べておもてなしをするというデートをしました。その日はそれでお別れしましたが、楽しかったらしく、良い印象を与えることができました。

次のデートではスポーツ好きの自分におもてなしをしてもらうというデートとなりました。バッティングセンターやボウリングなどがある複合施設で遊んだ後、夕食を食べ、自分としても楽しかったと満足していました。帰りの車を自分が運転していたのですが、途中のコンビニで運転を変わってと言われました。運転が上手な女性だったので少し寝てしまいました。そして、「着いたよ」と彼女の声。・・・ラブホテルでした。インドア派なのにかなり積極的なんだな!と心の中で叫び、中へ。

一緒にお風呂に入り、お風呂の中で事がスタートしました。お風呂も豪華で、ラグビー出身の自分と彼女が入ってもかなりのスペースがある大きなお風呂でした。そこで、お湯の浮力の力を利用しながら彼女とせくろす。水中で中へ射出。お風呂だという事をすっかり忘れてしまいました。中学時にお風呂でせんづりした時のことをひっそり思い返しました。その日一番のハードなスポーツであり、一番汗を書いたのは言うまでもありません。もちろん2回戦は着用して臨みました。。

34歳人妻は1日複数回すると中には出させてくれます

出会い系アブリで知り合ったのはナナコさんでした。年は34歳の人妻で私より年上の方でした。昼間の時間潰しという事でしばらく会話のやりとりをしてました。打ち解けていくにつれ、最近いつしたか?とか今までの体験人数など性経験の話も出てきて、期待感が増してきました。

ある日「主人が出張だから遊びに行きたい」という事で遂に来たと思い、車を走らせ迎えに行きました。ナナコさんは写真で見たよりも肉感的で胸のボリュームもある人でした。しばらく車を走らせ、途中の景色のいいところで休憩するとナナコさんは次第に寄り添って来たので腰を抱くと向こうも手を回してきました。キスをしはじめ次第にディープとなると「二人きりになりたい」と言われたのでホテルに向かいました。ホテルに入るともう完全イチャイチャモードです。どこを触ってもOKであちらも私の体をまさぐってきます。

シャワーを浴びたいというので一緒に入るともう私のぎんぎんになってる棒を見て両手で優しく洗ってくれました。途中こすられたりして一瞬やばかったです。私もナナコさんの胸や股を洗ってあげるとしだいに公文書してきてベッドに向かいました。。ベッドに入ると中はいきなり咥えだしてくれました。私もナナコさんの股に顔を埋めて舌を這わせます。もうぐちょぐちょです。ドライブからイチャイチャしっぱなしだったので我慢できずすぐさま挿入しました。ナナコさんは大きな乳房を揺らしながら息が漏れるような小江で喘いできます。

とても気持ちが良さそうな顔を見ると次にゆっくり楽しめばいいという事で激しく腰を降ってすぐにお腹にだしました。その後、風呂で一回、べっとりで二回しました。最後の一介の時です。腰の振りがはげしくなってフィニッシュが近づくとナナコさんは「中でいいよ」といってくれましたので言われたまま中に出しました。やっぱり外出しと違いナナコさんの中の感触を感じながら出るのは格別の気持ちよさがありました。その後も出張の時や、平日昼前などナナコさんとの関係が続きましたが数回すると中だしOKになるので一生懸命がんばってます。

ハーフ美女のキャロルと初デートで屋外中出しセックス

洋物ポルノが好きな僕は一度外国人女性とセックスしてみたいと思いながら、かといって風俗というのもなんだかなあと日夜悩んでいました。

そんな僕がハーフの女の子と出会い系で知り合い、野外エッチと中出しを初めて体験したお話です。

初デートで見た彼女はまさに「大当たり」でした。

出会い系で知り合った女の子の名は、金岡キャロルちゃん、23歳で、何でもお父さんが日本人、お母さんがカナダ人のハーフとのこと。

髪はきれいな金髪でセミロング。彼女によると地毛は赤毛なのでこの色に染めてると教えてくれました。

顔は映画「スクリーム」の主演女優のネーヴ・キャンベルに似ており美人と言っていい部類。スタイルはハーフらしく、160センチほどの背にややがっしりした体つき、胸はおそらくFカップはあるでしょうか。少し残念なのがお尻が大きく、太ももが太いことでしょうか。

それでもジーンズのホットパンツから見えるお尻とムチムチした太ももは、男ならだれでも勃起間違いなし。

ノースリーブのニットはキャロルちゃんの巨乳をこれでもかと見せつけ、洋物ポルノそのものでした。

そんな彼女との初デートは神戸市六甲山へのドライブでした。

車中で僕は「よくナンパされるでしょ」と聞くと、キャロルちゃんは「私って見た目が外人に見えるから、ナンパされたことないの」と見た目に反してうぶな様子。運転中の僕の息子も少し硬くなっていました。

六甲山にある公園で2人でピクニック。コンビニ弁当やジュースを飲みながら、盛り上がっていました。

すると、彼女が突然「トイレはこの辺にないのかな?」と言うので、2人で公衆トイレを探したのですが見つかりません。

キャロルちゃんは「どうしよう、漏れちゃうよお」というので、僕は彼女の手を握り「こっち来て」と、森の奥へ連れて行きました。

森の奥には小さな小川があり、人も来なさそうだったので「僕がここで見張ってるから、ここでしちゃいなよ」というと、キャロルちゃんは「じゃあここでするから、ちゃんと見ててね」と少し奥へ入っていきました。

ぴっちりしたニットに巨乳をたぷんたぷんさせ、これまたどうやって履いたのか分からないぴっちぴっちのジーンズのホットパンツのエロすぎるキャロルちゃんのおしっこ。これは覗くしかないと思った僕は、そっと彼女の入った森の奥に行きました。

彼女はこちらに背を向けしゃがんで放尿していました。驚いたのはキャロルちゃんはホットパンツを全部脱いで、それを木の枝に掛けておしっこしていたのです。

僕が覗いているのも気付かずおしっこし終えたキャロルちゃんは、そのまま小川に行きしゃがみながらオマンコをきれいに洗っていました。

その隙に彼女のホットパンツを手に取ると、ホットパンツとパンティをいっしょに脱いでいたようで、なかには小さな紫色のパンティがありました。

少し匂いを嗅ぐと、腐ったチーズのような匂いがしましたが、不思議と男の股間を刺激する匂いで、一気に僕のチンコはフル勃起しました。

オマンコを洗い、ホットパンツを取ろうとした彼女は、僕がパンティを手に取ってるのを見て慌ててこちらに走り寄り、「変態、返してよ」とパンティを取り上げようとします。

僕はパンティをポケットに押し込み、「おっぱい見せてくれたら返してあげる」と言うと、キャロルちゃんは「絶対だよ」と言ってニットをたくし上げてブラジャーを外し、自分の大きなおっぱいを見せてくれました。

僕が顔を近づけるとキャロルちゃんは「息がくすぐったいよ」と身をよじります。僕は「ねえ、おっぱいで顔をペチペチして」と言うと、彼女は「ええー」と言いながらも僕の顔をおっぱいでぺちぺちしてくれました。

僕はそのまま舌を伸ばし、彼女の乳首を舐めだすと「んふふうん」と感じています。しばらくしてうっとりした目で僕を見てきたので、彼女の口にキスすると、「もっとして」とキャロルちゃんがせがんできます。

そのままキスをしながら、オマンコに手を伸べるとキャロルちゃんは僕の手を払いのけようとしますが、無理に続けると諦めたのか少し足を緩めなすがままにさせてくれました。

クリをいじると「んくう」と声を出したので「感じたの?」と僕。

うん、と顔をキャロルちゃんは赤らめ、「もう、パンツ返して」と言います。

僕は「フェラしてくれたら返すよ」と言うと、彼女をしゃがませてズボンから出したギンギンに勃起中のチンポを口に押し当てました。

嫌がることなくフェラし始めたキャロルちゃんでしたが、経験がないのか舌や口を動かしません。仕方なく、僕が腰を振ってキャロルちゃんの口で楽しんでいると突然せき込み始めました。

「ごめんね」と言いながらキャロルちゃんを立たせた僕は、「後ろ向いて木に手をついて」と優しく言いました。「こう?」と素直なキャロルちゃん。木に手をついてお尻をこっちへ向けてきます。

僕はそのままバックからキャロルちゃんへ挿入しました。いきなりの挿入にびっくりしたキャロルちゃんは「いや、抜いて」と言いますが構わずに腰を彼女の腰に打ち続けます。

「痛い、痛い」と涙声の彼女が余計に僕を興奮させ、遂に中出し成功。出した後も余韻に浸りながら腰を振っていると、キャロルちゃんは「もう出したんだからいいでしょ」とちょっと怒っていました。

パンティを返し「気持ちよかった?」と聞くと、キャロルちゃんは「人が来たらどうすんの」と言い、「でもちょっと興奮したかも」というので、優しくキスしてあげると機嫌が治ったみたいでした。

ハーフ美女のキャロルちゃんとの屋外セックスと中出し、とっても気持ちよかったです。

アナルでイけなかった僕が美優紀に生で中出しさせてもらった体験

出会い系サイトで知り合った美優紀(28歳、OL)はメールのやり取りの段階で、いろんなセックスに興味があるスケベな女の子でした。

美優紀はアナルセックスに興味があるとのこと、僕にアナルセックスの経験はあるかと聞いてきたので、「ドイツに住んでた時にあるよ」とだけ答えました。

実は、ドイツ人娼婦とアナルセックスした経験があるのですが、ガバガバで全然気持ちよくなく、それ以来アナルはしてきませんでした。

「ねえ、どんなだった?」と興味津々のメールの美優紀には、「めっちゃ気持ちいいよ。女の子もお尻でイったみたい」と嘘をつきました。

一度会おうよと美優紀が言うので、僕たちは初デートすることにしました。

初めて見た美優紀の印象は、肩までの薄い茶髪に、少し派手目の化粧、やや垂れ目がちで丸顔色白といったタイプで、芸能人で言えば中条あゆみちゃんタイプ。

服装は少しギャルっぽい若作りでしたが、結構似合っていました。

よく笑う美優紀は「今日は初めてだから優しくしてね」と彼女のアパートに連れて行ってくれました。

アパートに行く道すがら、僕は「お尻の準備は大丈夫?」と聞くと、「うん」と笑いながら答えます。

彼女の部屋に入ると美優紀は僕の首に腕をからめディープキスを求めてきたので、それに応じ、右手の中指で美優紀のミニスカの上からお尻の筋をツツッとなぞってやると、「くはぁっ」と首をのけぞらせヨガりました。

お互いの唾液の糸がたらんと下がり、美優紀は僕のファスナーを下げてペニスを取り出し、しごき始めました。

僕もスカートの下から美優紀のアソコに手を差し入れ、パンティの股の間から指を入れて手マンしてあげると、彼女のアソコは濡れ濡れで準備万端といった感じでした。

僕は「じゃあお尻の準備をしようか」というと、彼女はバッグからローションと浣腸を取り出し「ネットで見たらこれでいいって書いてたんだけど」と言います。

浣腸を手にとった僕は「手伝ってあげるから、お尻見せて」と言うと、「シャワー浴びさせて」と言います。

「浣腸した後でシャワー浴びたらいいじゃん」と僕が言うと、素直にうんといい、後ろに振り向いてスカートをたくし上げて、パンツを履いたままのお尻を見せてくれました。

真っ赤で両サイドが紐でくくられたパンティを少しずらすと、白いきれいな白桃のような美優紀のお尻が見えました。

お尻の肉をかき分けると、小さな美優紀のアナルが恥ずかしそうに口をすぼめています。マンコに向かって黒い毛が生えていて、少し酸っぱい匂いが漂ってきます。

僕は浣腸の先っちょを唾で湿らせて滑りを良くしてから、1本目の液を美優紀のアナルに注入。美優紀は「あっ、冷たい」とお尻をひっこめようとするので、「まだダメ」と美優紀のお尻を僕の方へと引き寄せます。

2本目を同じように注入すると、美優紀は「お腹、苦しい」と言うので、彼女の下腹をさすってやると、「あっ、もうダメ」と慌ててユニットバスへと向かいました。ヘコヘコとお尻に手を当てながら歩く姿がかわいかったです。

ユニットバスから美優紀の大きな放屁の音が聞こえ、しばらくして水洗の音が聞こえました。そして、シャワーの音が聞こえてきました。

ユニットバスから出てきた美優紀はバスタオルを身体に巻いており、「きれいにしてきたよ」と言うので、「じゃあベッドに座って」と美優紀をベッドの上に腰かけさせました。

美優紀と足元に対面に座った僕は、バスタオルを取り、美優紀のアソコに指を這わせながら、「こっちは興味ある?」と聞くと、「普段はこっちだけだよ」と美優紀。

アソコに口づけすると石鹸のいい香りがするので、ちょっと彼女の太ももを上に持ち上げ、アナルに舌を這わせると、美優紀は「いやあ、お尻舐められてる。彼氏にもしてもらったことないのに」と両手で顔を覆いました。

しばらくアナル舐めのサービスをした後、僕は「四つん這いになって、お尻をモゥってしてみ」と言うと、彼女はその姿勢をしてくれたので、僕もズボンを脱いでベッドの上に上がり、ワンワンスタイルになり美優紀のお尻にペニスをあてがいました。

「初めてだから優しくお願いね」と美優紀。僕はペニスの先っぽから出てるカウパー液をアナルの回りに擦りこむようにペニスで彼女のアナルを刺激しました。

美優紀のアナルもほぐれてきたので、彼女の用意したローションをアナルにたっぷり塗り、僕のペニスにも塗ってアナルに挿入しました。

「こほぉ」と美優紀の喘ぐ声が聞こえました。顔が見えないので気持ちよがってるか分かりません。

ドイツ人娼婦の時と同じく、僕のほうはペニスの根本の締まりはいいのですが、中は気持ちよくありません。

腰を振ってても退屈なので。美優紀のアソコをいじくりまわすとビシャビシャに彼女は濡れており、「止めて、頭おかしくなる」と大声を上げます。

構わず美優紀のアソコをいじりながらアナルセックスを続けると、「ああ、イく、イく、イっちゃう」と叫んで彼女は崩れ落ちました。

まだイっていなかった僕は彼女に「大丈夫?」と声をかけ仰向けの形にすると、半分白目を剥いて口を半開きにしながら荒い息遣いで「大丈夫」と美優紀は答えました。

「お尻でイっちゃった」という彼女に、僕は「よかったね」とキスをし、そのまま正常位でペニスを彼女のアソコに挿入しました。

「ちょっとダメ。生はダメ。抜いて」という美優紀に、「僕もイきたいから」と美優紀のヴァギナへのインサートを止めませんでした。

美優紀はイったあとで気持ちよかったせいか、口ではダメと言いながら抵抗せずヴァギナでのセックスを楽しんでいるようでした。

アナルを犯した後、そのままヴァギナに入れたというシチュに興奮した僕はそのまま美優紀の中でフィニッシュ。いつもよりも濃いザーメンをたっぷりと出しました。

まさか中で出されるとは思わなかった美優紀は「中で出しちゃったの?」といいつつ、まんざらでもない様子。

僕は「今度はアナルで中出しするね」というと、美優紀は嬉しそうにはにかみながら「彼氏彼女見たい」とキスしてきました。

やっぱり、お尻よりアソコの方が男も女も気持ちがいいので、結局美優紀のアソコに生で中出しした気持ちのいい思い出でです。

一手間加えたセックスに大興奮!出会い系で知り合った人妻に中出し

セックスは料理といっしょで、少し工夫するだけでいつもより何倍も楽しむことが出来ます。

これは、僕が出会い系で知り合った淑眠(よしみ)という人妻に中出しセックスをしたときのお話です。

淑眠は37歳の人妻、メールでは「最近セックスレスで遊んでみたい」と返信があったので、一度会ってみることにしました。

待ち合わせ場所に行くと、そこにはショートカットの黒髪で丸顔の化粧は薄めのおばさんが立っていました。芸能人で言えば松下由樹さんに少し似ているかもしれません。

スタイルはぽっちゃりしていて、服装も取り立てて目立たないものでした。

ただ、特筆すべきはおっぱいで、Gカップはありそうなおっぱいがたゆんたゆんと揺れています。

印象は「爆乳おばさん」といったところでしょうか。

それに対し、淑眠の方は僕を気に入ったらしく、完全に雌モードに入っており、お持ち帰り満々の目で僕を見てきます。

とりあえず僕も準備してきたので、まあいいかと思いホテルに直行しました。

部屋に入るといきなり僕のズボンとパンツを脱がし、フェラチオを始める淑眠。

淑眠のテクニックはかなりよく、ヂュボヂュボと嫌らしい音をたてながら僕のペニスを唾液まみれにしていきます。上目遣いで僕に感想を求めてきたので「気持ちいいよ」と僕。

「フェラって主人にもあまりしたことないんだけど」と淑眠は褒められたことに気をよくしてか、一層激しくペニスを咥え、バキュームフェラをしてきます。

僕は淑眠の爆乳をいじってやろうと、右手を彼女のブラウスに差し入れ、彼女の左の乳首をつまんだり引っ張たりすると、すでに乳首はカチンコチンになっていました。

顔をほてらせながら、乳首の愛撫に「んふう」と声を上げ、感じてる様子。僕は淑眠を立たせ、「お返ししてあげるね」と彼女のスカートとパンストを脱がしました。

僕がクンニするため彼女の股間に顔を近づけると、酸味がかった匂いします。彼女はパンティの上からも分かるくらい濡れていました。

シルクの上品なパンティをずらすとしっかり手入れした陰毛に覆われたヴァギナがありました。その手入れぶりに「きれいなアソコだね。今日、会うのを楽しみにしていたのがよく分かるよ」と言って、ヴァギナにキスしてあげました。

淑眠は「ごめんね。おばさんのアソコなんか嫌だよね」と口では言いながら、腰をモゾモゾ動かします。しっかりクンニして欲しいんだなと思い、クリトリスを丁寧に吸ってあげました。

「ああ、ダメ、汚い、ほんと汚いから止めて」と言いながら僕の頭をしっかり持ち、アソコを口に擦り付けてきます。

しばらくすると、彼女は押し黙りひたすら僕の口にヴァギナを押し当てながら腰を上下させていたので、淑眠の顔を見ると、目をつぶり、口を半開きにして絶頂に達していました。

僕は「イッたの?」と聞くと、うんと頷く淑眠。

「じゃあ準備しようか」と僕は持ってきたピンクローターを鞄から取り出し、「四つん這いになってお尻を突き出して」と淑眠に言いました。

淑眠は「アナルセックスするの?」と不安げな様子だったので、「したいの?」と聞くと、「お尻はしたことないから怖い」と淑眠は言いました。

僕は「違うよ。でもお尻を使って僕も淑眠さんも気持ちよくなれるよ」と言うと、淑眠は怖々僕にお尻を向け、アナル丸見えの状態になりました。

ローションを淑眠のアナルに丁寧に塗り込み、小指の先っぽを軽く出し入れしながら「痛くない?」と聞くと、淑眠は「大丈夫」と答えます。

このピンクローター、予めコンドームを被せたもので、アナルに入れてスイッチオン、女の子のお腹の中のバイブレーションを感じながらお互いの本番を楽しめる工夫なのです。

淑眠のアナルは結構硬く、アナルは初体験なんだという彼女の言葉は本当なんだなと思いました。ピンクローターを優しく押し入れると「変な感じ」と淑眠。

奥までピンクローターを挿入し、スイッチを入れると「ああ、お腹がブルブルする」と気持ちいいのか悪いのかよく分からない様子でした。

淑眠を仰向けにし、彼女の爆乳を揉んだり吸ったりしていじりながら、「ちんちん、欲しい?」と聞くと、淑眠は「欲しい。ちんちん頂戴」と雌顔で求めてきます。

「どうしようかなあ」と僕。彼女は「ちんちん欲しい、ちんちん欲しい」とヴァギナをペニスに擦りつけてきます。

僕は「生ちんちんだったらいいよ」と言うと、淑眠は「生でもいいよ、中で出してもいいよ」と僕のペニスを掴んで膣穴に押し当ててきました。

「妊娠しても知らないよ」と僕はゴムも付けずに淑眠のヴァギナにインサートしました。人妻なのに締め付けはかなりよく、これは楽しめそうだと思いました。

淑眠のアソコの締め付けはもちろん、アナルに入ったピンクローターのバイブレーションも僕のペニスを刺激して、二倍の気持ちよさです。

淑眠は「おちんちんとお尻のバイブ、どっちもいいよお」と嬌声を上げます。

しばらく腰を振り、僕はおもむろにピンクローターを引っ張って淑眠のアナルに半分ほど入った状態にして、彼女のアナルを刺激しました。

「ああああ!イク、イク、イク」と身体をのけぞらして今にも絶頂に達しそうな淑眠に「まだダメ。もう少し我慢して」と僕は腰を振るスピードを上げました。

「ほんと無理、もうイく」と我慢の限界に達した淑眠をみて、僕は「いいよ、イっていいよ」と言うと、彼女は「くきぃいい」と叫んでアソコを急激に締め付けました。

そのタイミングで僕は淑眠の中にザーメンを注ぎ込み、彼女もぐったりとベッドに沈み込みました。

セックスと料理は少し工夫するだけで、セックスパートナーが大したことなくても楽しめる、今回のセックスはそれを実感できました。

淑眠は僕にぞっこんで、今も大切なセックスフレンドとして付き合っています。

小学生時代のセンズリがよみがえる!加奈子との2発の中出し

小学4年生で自慰行為を覚えた私は、今思うとマセ餓鬼だったと思います。

そんな私の当時のズリネタは、「宇宙刑事シャイダー」という特撮ものに出ていた森永奈緒美さん演じるアニーのパンチラでした。

しゃがんだだけで見えるアニーの純白のパンティー、敵と戦うアニーが足を上げて盛大にパンチラするシーンを目に焼き付けて、布団に股間を擦りつけたものでした。

大人になった私は、出会い系サイトで加奈子(21歳)という女子大生と知り合いになりました。

一度会おうよと言ってOKをもらった私が待ち合わせの場所に着くと、小柄な童顔の女の子がいました。

肩まで伸びる黒髪に色白な肌、少したれ目の地味な顔立ちで、ロリ好きにはたまらないタイプなんだろうなと思いました。

スタイルはごくごく普通で、白のブラウスの上に黒のカーディガン、ひざ丈のタータンチェックの赤を基調としたスカートといった地味な服装で一見女子高生に思える装いでした。

私は「女子高生と言っても通じるね」と言うと、加奈子は「大人の女が理想なんだけどな」と頬を膨らませます。

行きつけのショットバーで軽くお酒を飲み、近くのホテルへと向かい、個室に入ってキスしようとすると、加奈子は「シャワー浴びないとだめ」とシャワー室に入りました。

加奈子についていき、一緒にシャワーを浴びながら、乳首をいじったり、お互いのアソコを石鹸で洗ったりしていると、徐々に私のペニスは硬くなりました。

私は「ここでしようか」と言ったのですが、加奈子は嫌と言います。そこで「おちんちんが苦しいよ」と言うと、「仕方ないなあ」と言ってフェラをしてくれました。

顔に似合わず、ガッツリとペニスを咥えこむ加奈子。バキュームフェラまでしてくれて、思わず射精しそうになりましたが、ぐっとこらえて口からペニスを抜き、お返しにクンニをしてあげました。

指で膣穴をいじりながら舌でクリトリスを愛撫、「ふぅわわわ」と加奈子は声を漏らします。

シャワー中なので私は「お尻、舐めていい?」と聞き、加奈子の尻肉を開いてアナル舐めのサービスをしました。

「お尻舐められるのはじめて」と加奈子は言いながら自らオナニーを始めました。私は「加奈子ちゃんだけ気持ちいいのはずるいよ」といい、キスをして「加奈子ちゃんのお尻を舐めたんだけど、お尻の味する?」と聞くと、加奈子は「バカ」と一言。

シャワー室を出て、2人でベッドに横になり加奈子のアソコにゴムを付けず入れようとすると、加奈子は「コンドーム付けないの?」と聞いてきます。

私は「生でしたいんだけどダメ?」と聞き返すと、加奈子は「別にいいけど」と答えました。

お言葉に甘えて加奈子のアソコに生挿入、腰を振り始めました。

正常位でキスをしたり、首や耳を舐めたり、脇の下を舐めたりすると段々と加奈子も興奮してきたようで足を胴体に絡めてきます。

その時、私はふと気づきました。加奈子は昔見た特撮番組のアニーに似ているのです。

肩までの黒髪、色白でたれ目、小柄なスタイル。小学生だったころの私のズリネタだったアニーこと森永奈緒美さんが脳裏にフラッシュバックしました。

その瞬間、私は加奈子の中で果ててしまいました。

「もうイッちゃったの?」と加奈子。そして私のペニスに手をやりフェラを始めました。

加奈子は「まだ勃つでしょ?」と必死でフェラを続けます。私はアニーにフェラされているような錯覚に陥り、加奈子を四つん這いにさせ、バックで挿入しました。

加奈子は「すごい、すごい」とはしゃぎながらお尻を突き上げてきたので、アナルに指を挿入。「痛い」と加奈子は声を上げましたがそのままアナルに指を出し入れしたり、こねくり回すのを続けると、「なにこれ、はじめての感覚」と加奈子はせがんできます。

私は中指を加奈子のアナルから抜き、人差し指と合わせて2本挿入。その瞬間、「くはぁ」と加奈子はのけぞり、アソコを急に締め付けてきました。

アソコの締め付けにより、加奈子のヴァギナに2発目の射精。四つん這いの姿勢のままアソコから垂れるザーメンを2人で眺め、快感に浸っていました。

小学生の思い出を果たせた貴重な中出し体験でした。

ゴムを外したことに気づかない清美に、サプライズ中出し

今から7年前、出会い系サイトでフリーターの清美(当時、26歳)と知り合い、3回目のデートで初めてエッチしました。

2回目のデートで清美は僕にかなり気を許していたみたいで、車で家に送り車中で初キス。次は必ずエッチしようと僕は決心しました。

3回目のデートは、動物園に行き、パンダを見ているときに手を握ると向こうも握り返してきて、そのまま恋人つなぎへ。一気に距離が縮まったと感じたのか、清美は身体を密着させてきました。

僕は「もっと面白いことしようか」というと、「したい、したい」と言ったので、動物園を出て近くのホテルへ直行。彼女もやる気満々でした。

ホテルの部屋へ入り、軽くキスをすると清美も興奮して腕を僕の首に絡ませてきました。そのままベッドの上に清美を仰向けにし、胸を触りながらキスを続けました。

5分ほどして、彼女のブラウスを脱がし、ブラジャーを取ると大きくはない美乳が見え、乳首にしゃぶりつくと、清美は「くすぐったい」と身をよじらせます。

乳首をしゃぶりながら、彼女のスカートとパンストを脱がし、パンティを見ると青のTバック。僕は「気合の入った下着だなあ。ヤル気満々だったんだね」というと、はにかみながら「そんなことないもん」と清美。

パンティの上からマン筋を上下になぞると、パンティに染みが浮き上がり、「やらしい子にはお仕置きしないとね」と耳元で囁くと、「痛いのは嫌だかんね」と僕の耳たぶに舌を這わせてきました。

パンティを脱がせ、僕も全裸になり、ゴムを付けていると、「おっきいね。こわーい」と清美が言うので、「大丈夫。優しくするから」と正常位になり、そのまま清美へインサートしました。

あまり清美には経験がなかったのか、少し苦しそうな喘ぎ声をあげます。僕は「清美の中、あったかいね」というと、清美は「みー(僕のこと)のアレも熱いよ」と返します。

しばらく腰を振った僕は、少しサービスしてあげようとペニスを抜いて清美のアソコをクンニしてあげました。クリトリスを舌で刺激してあげると、「いやあん、こんなの初めて。気持ちいい」と腰を突き上げてきました。

クリトリス、マン筋と舌を交互にさせながら、アナルに指を這わせ「こっちは経験ある?」と聞くと、「ないよお。そこはだめだよ」と清美はいいます。

僕は清美をうつ伏せにし、ペニスで清美のアナルをツンツンしながら、「こっちに入れたいよお」というと、「だめ。絶対ダメ」と強い口調。そこで寝バックの体位で再びインサートしました。

ちょうど僕のペニスが彼女のGスポットにあたる体勢だったのか、彼女は嬌声をあげながら、「それ、それ、いいよ。もっと」とせがみます。

その清美の姿を見ていじめたくなった僕は、「分かった。一回抜いてもう一度入れるね」とペニスを抜き、ゴムを外しました。

それに気付かない清美は、「早く、早く」とお尻を上下に動かします。

「じゃあ、入れるね」と言って、そのまま生のチンコをインサート。清美は全く気付かずに「いいよお。いいよお」と言い続けています。

中出ししてやろうと僕は、「ねえ、もうイキそうなんだけど」というと、「もう少し待って。私もイキそうだから」と言います。

3分位してでしょうか、清美が「出していいよ」というので僕は清美の中でフィニッシュ。中出ししてしまいました。

清美は「えっ、えっ」を繰り返して何が起こったかわからない様子でしたので、「だからアナルでしようと言ったじゃん」と言うと、清美は「えっ、信じられない」とアソコから垂れる僕のザーメンを呆けてみていました。

「今日、危なかったの?」と聞くと、「大丈夫だけど。中出しは初めて」とつぶやきます。

その後、2人でシャワーを浴びてるとき、清美に「怒ってる?」と聞くと、「怒ってないけど、もうこういうのはなしね」と言ってくれました。

中出しは、気持ちよさだけでなく少し罪悪感も感じるものなのだなあと思いました。

出会い系で出会った美女と会ったその日に生&中だししちゃいました!

普段から出会い系で出会って、ホテルまでいくこともちょこちょこありました。
今回も、好みの女性とホテルまで行ってなんと中出しまでさせてもらっちゃいました。そんな体験談です。

その女性はある出会い系サイトで僕がDMを送るというかたちで知り合った女性です。
半月ぐらいやり取りしてLINEを聞いてそのまま会ったかんじですね。
元々セフレを探しているとハッキリ言っていたので、向こうも同じようなかんじで話が早かったです。

当日彼女は白いワンピースで登場。清純派みたいな恰好にわくわくしちゃいました。
彼女が行きたいと行っていたカフェと水族館に行ってしばしデートをたのしみ、誘ったらOKだったのでそのままホテルに行くことになりました。

ベットの上では清純派?!とか思えないぐらい激しいセックスで喘ぎ声もすごくてめちゃくちゃエロい。
フェラも積極的にしてくれて最高でした。挿入する前にゴムをつけようとしたら彼女の方から「ピル飲んでるから生でいいよ」と言われてそのまま挿入!
生で入れるのは初めてだったのでその感覚に感動。全然違う!一心不乱に腰を振りまくってガン突き!

イキそうになったので抜こうとしたら「中に出して~!すごい!抜かないで!」と懇願されてそのまま中だし。
夢のような時間でした、。生&中だし最高すぎます。

中出ししたいなら50歳以上の熟女に狙いをつけるべし

私が出会い系サイトをよく利用するのはハッピーメールです。ターゲットにしているのは40代後半、50代の美熟女です。目的はもちろんセックスですが、私の年齢からすると20代、30代の女性とはもちろんセックスをしたいですが、そこにいくまでに話を盛り上げることに神経を使ってしまうので、主に年代の近い熟女を狙っています。最近であった女性は加代さん(53歳)で、小学校の先生でした。

バツイチでセックスもご無沙汰だったそうで、意気投合しすぐに会うことができました。会ってから子どもの頃に観ていたテレビ番組の話で盛り上がりました。そのままホテルに直行しました。彼女は最初は恥じらいもありましたが、キスをしたころにはおマンコはびしょびしょでした。おマンコの中を指でかき回すと喘ぎ声をだしました。彼女は「我慢できない」と言って、私の息子をくわえてきました。私も久しぶりのフェラで息子もビンビンになりました。私はもう少し彼女の口技を楽しみたかったのですが、彼女の方から「入れて」と言われ、挿入しました。

彼女のマンコは締め付けが強く私はいきそうになりました。私は膣外射精を考えていましたが、彼女は「中にたくさん出して」と言ってきたので、思いっきり彼女の中にカルピスを出しました。その後も彼女と定期的に会ってセックスをしていますが、もちろん中出しです。閉経後の女性はねらい目です。セックスにも飢えているし。

-出会い系の情報