WordPress活用ガイド

13.フリーエリアの利用:Movable Type 5 ビジネスサイトテンプレートマニュアル-テンプレートキング

Movable Type 5 ビジネスサイトテンプレート

コンテンツの登録・編集

<< 12.フッターのコピーライトの変更
14.特定カテゴリの記事一覧のトップページ表示 >>
 
13.フリーエリアの利用

テキストやバナー画像などを掲載できる「フリーエリア」を、表示エリアごとにご用意しています。

利用する場合は、「Movable Type 5」管理画面の「デザイン>ウィジェット」を開きます。
フリーエリアを表示したい箇所の「ウィジェットセット」を選択、「フリーエリア」ウィジェットを配置設定します。
フリーエリアに表示したい内容は、ウェブページ作成で登録します。

フリーエリアの種類
 

フリーエリアを設定する場所は、左の図にある場所に設定が可能です。

 

■ 利用可能なフリーエリア一覧

フリーエリアの種類ウィジェット名説明
ヘッダー表示用ヘッダー右 フリーエリア

ウェブページ作成時に、タグに「フリーエリアヘッダー」を入力し、公開設定で「公開」を選択して保存します。
「本文」と「続き」に入力した内容がサイト上で表示されます。

ヘッダーメイン表示用ヘッダーメイン フリーエリア

ウェブページ作成時に、タグに「フリーエリアヘッダーメイン」を入力し、公開設定で「公開」を選択して保存します。
「本文」と「続き」に入力した内容がサイト上で表示されます。

サイド表示用サイド フリーエリア

ウェブページ作成時に、タグに「フリーエリアサイド」を入力し、公開設定で「公開」を選択して保存します。
「本文」と「続き」に入力した内容がサイト上で表示されます。

メイン表示用メイン フリーエリア

ウェブページ作成時に、タグに「フリーエリアメイン」を入力し、公開設定で「公開」を選択して保存します。
「本文」と「続き」に入力した内容がサイト上で表示されます。

 フリーエリアを登録をしましょう
 

フリーエリアを利用する場合は、「MovableType 5」の管理画面にログインし、管理画面(ダッシュボード)を表示します。

左サイドメニューの、「デザイン」をクリックし、一覧から「ウィジェット」をクリックします。
 「ウィジェットセット」と「ウィジェットテンプレート」の一覧が表示されます。

フリーエリアを表示したい箇所の「ウィジェットセット」を選択します。

例)ヘッダーメインをクリック

右側の「利用可能な一覧」から、フリーエリアをドラッグして左側の「インストール済み」へ移動します。
インストール済みエリアに登録されます。
「変更を保存」ボタンをクリックし、ウィジェットセットに登録します。
ウィジェットセット一覧で確認
ウィジェットセット一覧の「ヘッダーメイン」リストには「ヘッダーメイン フリーエリア」項目が追加されています。
 フリーエリアへの登録方法
 

フリーエリアに表示したい内容は「ウェブページ」作成で登録します。

※会社概要の作成方法をご参考ください。
※「タグ」欄に表記載の「タグ」を必ず入力してください。

「ヘッダー右 フリーエリア」の場合は、タグに「フリーエリアヘッダー」を入力します。
「ヘッダーメイン フリーエリア」の場合は、タグに「フリーエリアヘッダーメイン」を入力します。
「サイド フリーエリア」の場合は、タグに「フリーエリアサイド」を入力します。
「メイン フリーエリア」の場合は、タグに「フリーエリアメイン」を入力します。

 
 

<< 12.フッターのコピーライトの変更
14.特定カテゴリの記事一覧のトップページ表示 >>

-WordPress活用ガイド