WordPress活用ガイド

ウィジェットによるサイト表示変更|ベーシック|テンプレートキング

WordPress用 ベーシックデザイン
ウィジェットによるサイト表示変更

本テーマでは、サイトの表示要素をパーツとして自由に配置できる「ウィジェット」機能に対応しています。
カテゴリーの一覧やカレンダー、テキスト表示など、さまざまなパーツを組み合わせてご利用いただけます。

ウィジェットを配置可能なエリア

本テーマでは、以下の8箇所のウィジェットエリアをご用意しており、それぞれウィジェットを配置してご利用いただけます。

サイドバーのウィジェットの設定で、サイトのレイアウトを 1カラム(サイドバーなし) / 2カラム(片側のみサイドバー表示) / 3カラム(両側サイドバー表示) と自由に変更可能です。

 

エリア名概要ウィジェットの設定がない場合
サイドバー(左)全ページ共通のサイドバーに表示したい項目がある場合に使用します。エリア自体が非表示になります。
サイドバー(右)
フッター(左)全ページ共通のフッター部分に表示したい項目がある場合に使用します。カテゴリーの一覧が表示されます。
フッター(中央)固定ページの一覧が表示されます。
フッター(右)最近の投稿の一覧が表示されます。
トップページ
メインエリア
トップページのウェルカムメッセージの下に表示したい項目がある場合に使用します。最近の投稿の一覧が表示されます。
サイドバー(左):
トップページのみ
サイドバーにトップページのみ表示したい項目がある場合に使用します。エリア自体が非表示になります。
サイドバー(右):
トップページのみ

テーマのオリジナルウィジェット

本テーマでは、サイトの内容をより充実させるために、以下のオリジナルウィジェットをご用意しています。

ウィジェト名概要使用例
テキスト
(枠つき)

WordPress標準ウィジェット「テキスト」と同様にご利用いただけますが、入力内容が枠つきのエリアで表示されます。

サイドバーなどにちょっとした情報を、少し目立つように表示したいときなどにご利用いただけます。

画像1
タグつき投稿

特定のタグがつけられた記事の画像/タイトルなどが、一覧で表示されます。
「トップページ メインエリア」に配置された場合のみ、記事の抜粋も表示されます。

トップページなどに特に表示したい記事がある場合などにご利用いただけます。

画像2
カテゴリー
記事一覧

特定のカテゴリーに属する記事が一覧で表示されます。

表示件数や投稿日付の表示有無などを設定できます。

画像3

ウィジェットの設定

1WordPress管理画面の「外観」→「カスタマイズ」メニューにアクセスします。

※ 適用前のテーマを設定する場合は、「外観」→「テーマ」メニューにアクセスし、適用予定のテーマの「ライブプレビュー」ボタンをクリックします。

 

2「ウィジェット」の項目をクリックします。

 

3ウィジェットを設定したいエリアの項目をクリックします。

 

4状況に合わせて以下の内容から選択します。

【ウィジェットで表示項目を追加する場合】

1. 「ウィジェットを追加」ボタンをクリックします。

 

2. 設定可能なウィジェットの項目が表示されますので、追加したいウィジェットをクリックします。

 

3. ウィジェットの詳細設定が表示されますので、必要な設定を行います。

※ ウィジェットによって設定可能な項目は異なります。

 

【ウィジェットの表示エリア/順序を変更する場合】

変更したいウィジェットを新しい表示位置にドラッグ・アンド・ドロップします。

 

【ウィジェットを削除する場合】

削除したいウィジェットをクリックし、ウィジェットの設定項目の「削除」をクリックします。

 

5すべての設定が完了したら「保存して公開」ボタンをクリックします。

※ 画面右側のプレビュー画面に設定内容が反映されますので、保存前にご確認ください。

※ 「ライブプレビュー」のご利用時など、適用前のテーマの場合は、ボタンの名称が「保存して有効化」になっています。

 

6設定の保存が正常に行われると、ボタンの名称が「保存しました」に切り替わります。
サイトにアクセスし、表示をご確認ください。

※ 「ライブプレビュー」のご利用時など、適用前のテーマの場合は、テーマの一覧画面に切り替わり完了メッセージが表示されます。

 

テーマ(テンプレート)の設定

-WordPress活用ガイド