WordPress使うなら・・・

WordPress活用ガイド

タグとカテゴリーの違いって?

WordPressで記事作成する際によく目にする「タグ」と「カテゴリー」という言葉。
カテゴリーは何となくわかるけどタグは…という人も多いのではないでしょうか。

どちらも記事を分類するものですが、それぞれの特性、用途を理解してきっちり使い分けすることで、さまざまなメリットがあります。

タグやカテゴリーを設定するメリット

  • 関連する記事をタグやカテゴリーから簡単にたどってまとめて読むことができる。
  • サイトで探したい情報が明確な場合はサイト内検索が利用できますが、曖昧な場合にはタグクラウドなどからピンポイントで見つけてもらえる。
  • 記事数が増えてきた場合でも、タグやカテゴリーから過去記事がみつけやすくなる。

※ タグクラウドとは…
WordPress標準ウィジェットで、サイト内で使用されているタグを一覧表示します。
使用頻度によって文字の大きさが変わります。

タグクラウド

特長や設定のポイント

  タグ カテゴリー
概念 記事に関連するキーワードの設定
記事内でよく使われている言葉を見つけやすくし、関連キーワードの記事間の横移動が可能
記事のジャンル分けの設定
ジャンルによって記事を分類することで、同じジャンルの記事間の横移動が可能
階層構造
(親子関係)
単純なキーワードの集まりのため、階層構造(親子関係)を持てない 親カテゴリー → 子カテゴリー のように、階層構造(親子関係)を持てる
大分類 / 中分類 / 小分類を設定できる
設定可能数 複数設定が可能 複数設定が可能
設定の
ポイント
1記事につきいくつ設定してもよいが、
理想的なのは3つ程度
1記事につき1つのカテゴリーが基本

【タグ設定のポイント】

  • カテゴリーと同じ名称を設定しないようにしましょう。 (カテゴリーと差別化する意味が無い)
    カテゴリーとは異なるものを設定することで、サイトの利用者が関連記事を見つけやすくなります。
  • 記事の中でメインで使用しており、一番重要なキーワードを設定しましょう。
  • 複数ある場合は、3つ程度に絞るのが理想的です。
    あまりたくさん設定し過ぎると、キーワードの重要度がわかりにくくなり、利便性が低下します。

【カテゴリー設定のポイント】

  • 記事の投稿画面では、カテゴリーを複数設定可能ですが、基本的には記事1件につき1つのカテゴリーのみを設定するようにしましょう。
    SEO(検索エンジン最適化)的にも2つ以上設定するよりも、1つのみに絞ったほうが効果が高いです。

タグとカテゴリーをきっちりと設定して、利用者にも管理者にも便利なサイトを目指しましょう。

カスタマイズガイド